読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHAKE

今この瞬間の熱を

私的ジャニーズ楽曲大賞2014

先に更新したい記事がいくつかあったんだけど、ぼーっとしていたら楽曲大賞のプレ発表が始まってしまったので本発表が始まってしまう前に私の楽曲投票内容をアップしておきたくて慌てております。投票していて気づいたのは、必ずしも自分の音楽機器内の再生回数順とこういったものの順位は一致しないということですね。とりあえず自ユニ最優先になりますよね(同意を求める目)

 

 
 
ということで以下、私の投票結果です
 

 

私的ジャニーズ楽曲大賞2014 庄司編

 
  
1位 5Rings - A.B.C-Z
曲調も詞もダンスも好き。ライブでは同名の派手さはないけどけっこうハイレベルなアクロバット(ジャニーさんからは"ハツカネズミ"と呼ばれる)を行うんですが、スタジオ仕様?のダンスも大好きなんです。Aメロからもう五関さんらしさ全開な細かいビート刻み、そしてサビで隣のメンバーのマイクを持ってゆらゆら揺れるやつ。最高。戸塚さんの作詞から、メンバーへの愛や自分たちの決意がシックなメロディに乗って溢れ出してくるのが最高にかっこいい。これからちょいちょい発信していくつもりなんだけど戸塚さんの言葉が本当に好き。文章の好き嫌いが露骨な私の好きな言葉を使われる。
それぞれの漢字はスタッフさんがイメージしたものだが、僕としては何となくわかる。
橋本のまっすぐな「心」、五関は何でもさらっと涼しい顔でこなすので「技」、塚田はずば抜けた身体能力を備えている、あのマッチョな「体」、グループを引っ張り、全体を把握しているまとめ役の河合は「和」。
(ダ・ヴィンチ 2014年2月号『ジョーダンバットが鳴いている』より)

 

from ABC to Z

from ABC to Z

 

なんと!通常盤にしか収録されていない! なんと!私はまだ初回盤しか持っていない!いい加減買えよ私!

 
 
2位 Sky's The Limit - V6
自ユニ以外のCDを滅多に買うことがない私ですが、この曲はCMを見て「購入しなければ絶対に後悔する!」と思い、発売日からちょっと経ってしまっていたのですがPV付きの方の初回盤が無くなる前にとレコード店にダッシュして購入した曲です。坂本昌行さん超綺麗で超かっこいい。曲もPVも爽やかでとてもかっこいい。これが20周年を迎えるジャニーズ・V6の力…!!!

 

Sky's The Limit (CD+DVD)

Sky's The Limit (CD+DVD)

 

 白と青が基調のPVは、曲の爽やかさも相俟ってなんとなく某スポーツ飲料水を彷彿とさせます。爽やかオシャレCM。

 

 
3位 Legend Dtory - A.B.C-Z
これを買ったのが発売日から2ヶ月経った代々木の時という時差。しかもここだけの話、当時はSHOP盤のタオル目当てで、買ってしばらくはあまり聴いていなかったというアレ。そしてよりにもよって私が初めて買ったA.B.C-ZのDVDはこれ。
"A.B.C-Zペンラ狩り事件"*1のこともあって、A.B.C-Z当人たちは全く悪くないにも関わらずどうも曲の印象が悪くなってしまったためにタオル目当てで買うだけ買って放置、みたいな状態だった。それなのに何故突然2014年楽曲ベスト3に入っているのか?実は私にも全くわからない。何故か年明け前後から急にこの曲が頭から離れなくなり、なんとなくプレイリストにぶち込んで聴いてたら、いつの間にか涙を流していたという事態。ちゃんと聴くようになるまでが長かったけどやっと良い曲だということに気づいた。
きっと、10年後にこれを歌われたらもっと泣いてしまうんじゃないだろうか私。彼ら自身を反映したような曲は多くあってどれもグッとくるものがありますが、これはA.B.C-Zの一つの決意のような歌のような気がします。百年先だってずっと語られる伝説。

 

Legend Story (通常盤:DVD ONLY)

Legend Story (通常盤:DVD ONLY)

 

 

 
 
4位 CloveR - 関ジャニ∞
「衣装ダサい!」という声をたまに見かけましたが私はめっちゃ可愛かったと思ってます。曲も超可愛い。そして2番歌い出しの丸山さんの歌声があまりに愛おしすぎる。PVに関しては横山さんが金髪の時に撮影されている唯一の曲なので買うしかない!あ、B面の『言ったじゃないか!』のPVも金髪かもしれないです…(未確認)
平均年齢30歳越えたってポップなアイドルソングをこんなにも可愛く歌って踊る世界尊い。
 
 
 
5位 純情恋花火 - 関ジャニ∞
お祭り風の曲自体が元々好きなんですが(NEWS - 恋祭り 等)、ライブのペンラウェーブからの花火という演出で更に好感度爆上げした一曲。私も丸山さんに境内の裏で想いを伝えられたい。
 
 
 
 
☆☆☆☆☆
 
悩みに悩んだ結果私の中ではランクインしなかったけれど超接戦だった他の楽曲以下。
 
STAR SEEKER - A.B.C-Z三十路少年 - 関ジャニ∞ウィークエンダー - Hey! Say! JUMP粉もん - ジャニーズWEST
 
特にスタシカとか色々書きたいことがありすぎるんですがここで書くとあまりに長すぎてしまうしだいぶ横道に逸れてしまうのでまた今度別記事書きます。
 
 
☆☆☆☆☆
 
 
未音源化部門 気にせずGo My Way - 塚田僚一
2014年ツアーのソロ曲として塚田くん本人が書いた曲。女装曲。ムキムキだしわき毛もあるのに冗談抜きで超可愛い。
正統派女子アイドルが歌ってもなんら違和感のないキラッキラな曲を作り上げ、あんなにも可愛く力強くキラッキラに歌える塚田くんのアイドル力たるや。裏話としては「役に入り込まないとやり切れないからリハでは無理」「この曲の前の塚ちゃんはかなりピリピリしていた」らしい(笑)
塚田くんが”女子アイドル”的可愛さを振りかざしてキレッキレのダンスを踊り得意のアクロバットをキメまくり、塚田くんらしいポジティブな詞を歌い上げる姿はひと時も目を逸らすことができず、とても幸せな気持ちになりました。それと、この曲中で連続バク転の自己最多記録を更新したことまで含めて強烈な印象を残したソロ曲でした。はあ、塚田くん好き。Endless SHOCK詳しい方はもっと楽しめるんだろうなあ。
 
 
 
 
 
現場部門 A.B.C-Z Summer Concert 2014 "Legend"
私がA.B.C-Zを推すことをはっきりと決意させた、良い意味であまりにも衝撃的すぎた現場。過去数年で自分名義がいちばん良い仕事をしてくれた現場でもある。噂では聞いていましたが本当に「コンサート」というより「サーカス」のようなステージで、アイドルとしてもしっかりキラキラとやり切っているけど更に彼らにしかできないことを全力でやり、全体的にお客さんを喜ばせたいという気持ちが伝わってきて客の立場としてとても嬉しかったんです。その気持ちに客側も応えたいと思わせるようなセトリ・演出で温かいライブだったと思います。それらが河合さんの演出によるものだと知って更に感動。みんなすごく優しい人たちなんだって気づかされます。それと、お客さんのマナーがとても良くて気持ちが良かったです。
 
 
 
いつも快活でニコニコとしているA.B.C-Zのアクロバット隊長・塚田僚一くんの魅力は塚田くん誕生日記事で気持ち悪く語り倒しているのでそちらを再掲。半年足らずで何故A.B.C-Zにここまで転げ落ちるように加速したのかということも書いていたはず。
 
 
結論:私のえび沼は深い 
 

*1:PV撮影時、エキストラのペンライトについてファミクラの対応について色々と話題に。参照:ジャニーズ史上、前代未聞の珍事「えびペンラ事変」とは一体なんだったのか!? | ジャニーズブログ