読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHAKE

今この瞬間の熱を

エイプリルフールは今日じゃないのに

突然のお知らせとなりますが、この度、当事務所とKAT-TUNメンバーの田口淳之介は、再契約を行わない事で双方合意致しました。

田口淳之介は、来春をもってKAT-TUNを脱退、当事務所を退所することとなりましたのでご報告申し上げます。

ちょうどその瞬間だけテレビを見ていなかった私は、数分遅れでその情報を見て「ついに自分は日本語も理解できなくなったか」と思った。でも私の理解力不足でも勘違いでもなく、田口淳之介くんがKAT-TUNを、ジャニーズ事務所を辞めるという情報が私のタイムラインを埋め尽くし、放送中の発表からそう経たないうちに公式サイトにも載せられた。"MAD"の池田優くんが退所してまだ1ヶ月余りでその件もまだ吹っ切れていなかった私にとって傷口に塩を塗られたような、そんな気持ちでテレビを、Twitterに溢れる沢山の情報を見ていた。「Jr.だとデビューとか先が見えなくて、辞めるという選択肢も入ってきてしまうのは仕方のないことだよね」と言い聞かせてきたものが覆された。私がJr.の子に対してあと一歩のところで担当を名乗れないのは、いつ私達の目の前からいなくなってしまうのかわからないという恐怖からだ。逆に言うと、"デビューしていればこんなに苦しい思いをしなくて済む"と思っていた(勿論例外もある)。
もしかしたら、これが田口くんなりのアイドルとしてのけじめなのかもしれない、彼は最後までアイドルとして、アイドルのままでアイドルを辞めようとしているのかもしれない。…色んな説が出てるけど理由がどうであれ、今回の件は我々ジャニヲタにあまりに辛辣な現実を突きつけてきた。そもそも自担ではなかったけど田口くんのルックスもキャラクターも大好きだったところでも大ダメージを受けている。

You&J世代でがっつりそこを通って、デビューまでの下積みがとても長かったグループと、紆余曲折を経まくって20周年を迎えたグループを追い始めた自分にとって、全く他人事じゃなかった。ジャニヲタって面倒な生き物だと自分でも痛感している。いつになく勢いで書き殴った。




今回のことで最も引っ掛かってるのはこれかな。事務所め。