読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHAKE

今この瞬間の熱を

2015年ジャニーズ楽曲大賞に投票してきました

うかうかしている間に全項目の結果発表が終わってしまったジャニーズ楽曲大賞2015さん、今年も元気に投票してきましたので、遅ればせながら投票内容書き留め記事。ちなみに去年の私の投票内容はこちら



楽曲部門

1位 DARKNESS(LOVEです☆ver.)(A.B.C-Z)
自担に甘すぎ問題。でも本気。本当にこの曲大好きなんです。昨年の「気にせず Go My Way」に引き続き、塚田僚一が天才であることをこれでもかと世間に知らしめた曲。
曲そのものがエンターテイメントで、自担が3人(!)も出てくるなんてそうそうないですよ最高。パフォーマンスもあまりに最強すぎて、しかも連続バク転を、ただでさえアクロバット大盛りなコンサートの後半に持ってくるあたりに彼のプロ根性を感じて合掌せずにはいられない。だぁくねす様があんな立派に成長するとは思ってなかったしリカちゃんがどんどん色気づいてきてるので今後の彼ら(!)の活躍にも期待。これ以上は全て気持ち悪いテンションでアリサマ感想 〜DARKNESS編〜 - SHAKEに書き殴っているので割愛。


2位 Wait for you(V6)
この曲はいわゆる一目惚れ。たまたま音楽番組で見たのが初見でドハマリ、そこから無限ループ。ちなみに去年もほぼ同じ内容で「Sky's the limit」を2位に持ってきて投票していたことに今気づいて驚きと納得の結果(笑)メロディがたまらなく好みだっただけでなく歌詞とかこの曲を歌っている彼らの表情とか、全ての要素がドストライクだった。
聴いてる人の背中を押すだけのありがちな応援ソングじゃなくて、優しく手を差し伸べ寄り添いながら一緒に頑張ろうと言ってくれているような温かい応援ソングという部分が更に私をこの曲の無限ループに陥らせた。むしろ一緒に居させてくださいと思わずにはいられない。20周年を迎えたV6だからこそ、そんな温かさが出せたのではないだろうかと思っています。


3位 In The Name Of Love ~誓い 
曲だけを聴いてた時よりも、アリサマでのパフォーマンスを観たことで一気に株が上がった曲。ダンスがすごくかっこよくて大人の色気満載でとにかく大好き。
余談ですが「メクルメク」とこの曲はアルバムの中で対になってると勝手に思っててます。衣装もメクルメクは白でインネムは黒で対称的ながらどっちもかっこよく着こなせちゃう、そして歌いこなせちゃうA.B.C-Z最高だなってアリサマ見返す度に思ってます。


4位 A.B.C-Z Title Songs Medley(A.B.C-Z)
メドレーを組める程にシングルを出してきた今までの積み重ねに対する有難さと嬉しさを噛み締めた。そんな感動が、ABC座で歌っているのを見て更に増した一曲。


5位 A.B.C-ZLOVE
やはりメンバー紹介ソングがあるのは嬉しい!盛り上がる!



悩みまくって外したけど『愛よ、僕を導いてゆけ』(Hey! Say! JUMP)、『BYAKUYA』(NEWS)、『SP "Break the wall"』(V6)は個人的にMVPレベル。案の定かなり上位にランクインしていてこの辺みんな大好きなんだなーーー!と再認識。




MV部門
Moolightwalker(A.B.C-Z)
A.B.C-Z初シングルで相当気合の入った、普段売りにしているワンカメショーではないMV。ただのかっこいいで終わらない、ムーディーでセクシーな大人の魅力満載に仕上がったのは間違いなく彼らの実力。




未音源化部門
Great5(A.B.C-Z)
きっと世間一般のイメージする穏やかなA.B.C-Zからはあまり想像のつかない「We are the most brave challengers "Great5"」「俺ら世界最強のGreat5」「挑め さあ五大大陸制覇」といったガツガツした歌詞とメロディ、それを見事に最高のパフォーマンスとして自分達のものにした彼らは間違いなく"世界最強のGreat5"。
ABC座のパフォーマンスの中でも一線を画していて物凄くかっこよかった。A.B.C-Z宇宙イチかっこいい。。JOHNNY'S WORLDでもこの曲をやると知った時は、こんなかっこいい曲とパフォーマンスをえび担以外の沢山の人達もGreat5を見るんだということが最高に嬉しかったです。それとJWでは「世界最強」の部分が「宇宙最強」に歌詞が変わっていてもう本当にA.B.C-Zかっこよすぎる…と無意識のうちに合掌してました。あの装置がStage5という名前であることは年明けの少クラで初めて知りました。




現場部門
A.B.C-Z Early summer concert 2015
ロスってこんなに続くんだ…ってくらいに余韻を引きずりまくっていた最高の現場でした。多分一か月以上引きずってた。ちなみにABC座2015も相当なロス案件で未だに苦しんでます(笑)
コンサートの演出構成を担った河合郁人を筆頭にメンバー全員で作り上げたアリサマは、「楽しかった」とか「かっこよかった」とか通り越して本当に幸せな気持ちにさせてくれたコンサートでした。
次点はV6 LIVE TOUR 2015 -SINCE1995~FOREVER-



自担部門
塚田僚一
今年も安定の塚田担として活動させていただきました。
ただこの欄が2人以上OKとなっていたらおそらく坂本昌行さんも挙げていたであろう自分がいることも敢えて明記しておきます。



コンビ部門
戸塚祥太×塚田僚一
いつもトラブルを持ち込みがちな塚ちゃんに対してなんだかんだ言いつつ世話を焼いている戸塚さんが愛おしくてたまらない同い年なコンビ愛。戸塚さんの塚ちゃんに対する「大嫌いで大好き」は本当に名言。でもそれに対して「え、俺の嫌いなの?俺は大好きだけど!」って平然と言っちゃいそうな塚ちゃんに無言で手が出る戸塚さんの流れまで想像できてしまうのが戸塚田真骨頂。




以上、あんなに事務所DDな2015年だったにも関わらず、ひたすら自ユニに甘く重たいだけの投票結果でした!