読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHAKE

今この瞬間の熱を

ファウスト -最後の聖戦-

2015年7月、念願の初ファウスト


A.B.C-Z関連の現場はいつだってものすごく楽しみで最高にワクワク感があるのだけど、特に今回の『ファウスト -最後の聖戦-』はその気持ちが強かった。


その理由は2つ。
1つは、A.B.C-Zのメンバーそれぞれが外部の舞台で活躍している中でまだ五関様だけ観たことがなかったということ。昨年のファウスト公演時はそもそも現場=舞台という概念すら知らなかったえび担ド新規である以前にジャニヲタド新規。くそぅ。
もう1つは、GW前に買ったABC座のDVDを観て舞台の五関様の魅力に気づいてしまったこと。コンサートの時とはまた違った魅力を舞台で放つ五関晃一。グループを引っ張る歌唱力、映画やドラマで映える演技、揺るぎないトークの柱、A.B.C-Zの起爆剤、そして五関晃一はなんだ、舞台での圧倒的存在感なのだ、と。ABC座での鬼気迫る特攻隊のシーンはダイレクトに私の脳へと特攻を仕掛けてきて見事に爆撃をキメられた。いつの間にか、とにかく五関晃一の舞台を観に行きたくて仕方なくなっていた。

そこへやってきたファウスト再演の吉報。これはもう意地でも行くしかない。


そんなわけで、ファウストを観劇してきた話です。



✮✮✮✮✮

舞台上にいたのは「五関晃一」ではなくて紛れも無く「オフィストフェレス」。でもオフィストフェレスには間違いなく五関晃一の血が流れていた。

オフィスト様がマイクに拾われないレベルの舌打ちが何度も聞こえそれだけでも興奮せずにはいられない案件なのに、更にその舌打ちに五関様とオフィスト様のシンクロ率を感じずにはいられなくてますます興奮を隠せなかった。あと序盤で「人間という愚かな生き物が〜」という台詞を吐きながら冷めた目で客席を見渡すオフィスト様が最高に五関様でしかなくて…我々の業界ではご褒美です本当にありがとうございました。

…という超超個人的な嗜好の話を抜きにしても、オフィストフェレスと五関晃一のシンクロ率はとても高かったように思う。どの辺が、と言われると具体的に言えない歯痒さがあるのだけど、強いて言うなら、感情を表に出そうとはしないのだけど実は奥に熱いもの秘めているところ、とか。語彙力。
東京千秋楽後のごちブロ更新で「オフィストが自分の中にいた気がする。そして日々大きくなってた気がする」と書いていて、きっとシンクロ率の高さは当然というか必然だったのだなと感じた。でもふとした瞬間(特にファウストと絡むシーン)に、ちらりと五関様が垣間見える時があって、それがとても愛しかった。そしてその時はファウストも一瞬河合郁人に戻る。いつもの見慣れた河五の空気が一瞬見えるのが本当に愛しくて、これまで積み上げてきた彼らの経験とか信頼とか色んなものが見えるのが嬉しくて、全然物語と関係ないところで泣きそうになった。そして河五の絡みが妙に多かったせいで、私の発汗量がとんでもないことになって一緒に入った友人に引かれ気味だった笑えない。ちなみに発汗量のピークは仮面舞踏会で、真顔…いや若干嫌そうな表情のオフィストとニッコニコのファウストが手を取り踊っているところ。嫌そうなオフィストもニッコニコなファウストもそういう表情をするべき場面だったのでストーリー上は超正解なのだけど、割といつもの河五の縮図のようにも見えてやっぱり汗が止まらなかった。素敵。

✮✮✮✮✮

そしてとても楽しみにしていた、殺陣。
わかっていたけどやはりオフィストの剣さばきが美しすぎて、もっと色んな部分(ヘレネ様とかアバレとか)も見たかったのに殆ど目を離すことができなかった。否、目を離させてくれなかった。悪魔という役柄であるとはいえ、あんなにも表情を変えることなくあんなにも華麗に殺陣をこなすなんてずるい。アクションをするには少々難有りな衣装だったとは思うのだけど(マントが度々右腕に纏わりついたりしていた)、そんなの物ともせずオフィストは華麗に舞っていた。そんな中オフィストと殺陣の絡みが比較的多めだったANGELLAさんの妖女はきちんと見ることができて、「とても妖艶且つかっこよくて素敵だ…」と思ってたらいきなりANGELLAさんがオフィストに抱きかかえられるアクションが目の前で、そんな私得なシーン、興奮しないほうがおかしな話だ!!!
ファウストヘレネ様に喰われる寸前までいくところも両者とも最高に妖艶だった。河合郁人が本気を出した時の色気は妖怪すらも殺せるのではないか。
殺陣中ほぼ無表情なオフィストとは対照的に、ファウストは必死さ…人間臭さを感じてそれもたまらなく良かった。EndlessSHOCKの内博貴のような、と言うのは大げさかもしれないけど敢えてこれからの期待も込めてそう表現したい。内くんに似た、観客の脳に直接感情を突き刺すような演技力が、河合郁人にはあると思う。、

この舞台でいちばん好きなシーンはオフィストとガブリエルの心中シーンなのだけど、2回観劇して2回とも泣いた。天使に説かれた愛を天使に抱き、天使と共に死ぬ悪魔。地上では相反するものでしかない魂が一つになるということはある意味彼ら的にはハッピーエンドだったのかもしれない。オフィストがしっかりとガブリエルの右手を握りしめたまま息絶えたのを見てるのが本当に辛かった…そして尊かった。

✮✮✮✮✮

新たな発見としては、五関様は淡々と返事をするだけの静かな声も、激昂し荒ぶる声も、よく通る。そして私はそんな五関様のお声が好きだということだ。
例の伊野尾担が最近五関様に心掴まれているらしいのだけど、彼女曰く「伊野尾慧はキャラメルミルクティーボイス、五関晃一はキャラメルフラペチーノボイス」らしい。伊野尾慧はミルクティーのような温か味があって、五関晃一にはフラペチーノに相通ずる冷たい部分があるんだと。そして「彼(五関晃一)の冷たい声は私の身体をも冷やす」らしい。成程わからん。しかしキャラメルフラペチーノボイス、好きだ。

✮✮✮✮✮

www.youtube.com

仮面舞踏会のシーンで流れていたこの曲(あとで友人にクラシックだということを教えてもらった)を聴いて今でもオフィスト様に想いを馳せている。オフィスト様ロスは落ち着いたものの五関様デレ期はまだまだ続きそうである。