読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHAKE

今この瞬間の熱を

ジャニーズって素晴らしい(備忘録)

 

大学2年の夏まで特にこれと言った趣味があるわけでもなく、かと言ってウェイウェイした生活を過ごしているわけでもなければ学業に精を出しているわけでもなくボーーーッとしていた私の人生を大きく変えたのは良くも悪くも(笑)間違いなくジャニーズです。価値観も変わりました。無趣味の時の無気力生活には本当に戻りたくない。

私が初めて行ったジャニーズのコンサートは8EST(2012)なんですが、そこから今に至るまで、関ジャニ∞だけでなく他のグループの現場に行く機会もありがたいことに沢山ありまして、そもそも今までコンサートそのものに行くことが無かった私にとって未知との遭遇が続きまくってます。そして、参戦するとそのグループに興味湧かないはずがないからどんどん守備範囲が広がっていってしまうという恐ろしい沼!ジャニ沼に足を捕られてからの期間は短いんですけどすっごい濃い!というのを、2012~2013の現場をざっくり振り返る備忘録~~~たま~~に思い出したら書き足すことがあるかもしれない

 

 

 

*2012年9/16・11/11・12/30 8EST(関ジャニ∞)

私にとっての全ての始まりだったジャニーズ初現場。誘ってくれた友人には感謝してもし尽せません。 アイドルのライブ自体が初めてだった私、でも関ジャニ∞自体は知っていたし人並みには彼らのことも知っていて、だからこそ「行ったらほぼ確実に∞にハマってしまうだろう」という相当の覚悟で行ったんですが、結局このツアー3公演も参戦させていただき、年末大阪遠征までキメた。ジャニーズに関してはアイドル本人達というよりそのファンの方々怖いんじゃないかみたいな偏見も少しあったんですけどそんなことなかったし、現場に行って初めてわかることも多くて、とにかく「生のアイドルのパワーってすごい…」を強烈に肌で感じました。ステージも客席も全員キラキラしてる。…っていうのを今後のステージで毎回感じることになるんですが世界眩しすぎるぜ…。もしも初めての現場が関ジャニ∞じゃなかったら私はここまでジャニーズにハマることがあったんだろうか~~と考えることもあります。この時は本当にたまたま関ジャニ∞に興味を抱いていた時期だったしタイミングがあまりに良すぎたから…CDを買ったり雑誌をたまに購入することになったとしても、こんなに現場に通うことにはならなかった気がして。ありがとう世界。 

 

*2013年4月 Oh!My!Goodness!(V6)

代々木公演で坂本さんに惚れる。2階花道?の真下だったから坂本さんの尻と沢山目が合って幸せでした…ていうかまず2階花道というステージ構成を初めて目の当りにしてビビる。終始坂本さんの色気にやられっぱなしだった。抱いて。長野さんを。

ビンゴとか、お客さんの願い事?が書かれた紙をメンバーが読み上げてそれを実行してみたりとか、お客さん参加型システムにひたすらビビってました。「客席の後ろの方まで届くような投げキッスして!(うろ覚え)」とか。それを全力で実行してくれた坂本さん愛おしすぎた。天下のV6先輩さんけっこうお客さんとの物理的距離ガンガン縮めてくるッ!学校へ行こう時代の親しみやすさみたいなのをまだ残してくれているような、そんな感じ。でもすっっっごいアイドル。すごい。(語彙力) そしてこのライブの直後から夏までの短期間でV6のアルバムを全コンプするとは誰が想像していただろうか。ちなみにこの頃から年長組というカテゴリの魅力に気づき始める。

井ノ原さんが、あさイチの爽やか?モードか学校へ行こうのチョケモードしか知らなかった私にアイドルとしての超絶かっこいい一面見せてきたからもう惚れるしかなかった。でもMCとか合間合間で私の知ってるイノッチさんも見れて安心した。で、未だに色々な過去動画を観てニヤニヤするのが楽しくて仕方ないです。

V6に関しては「この人が特に好き!」っていう感情よりも「みんなで家族のように仲良くしていてほしい」と思うグループかもしれない。ていうか家族にしか見えない。ほっこり。 ちなみに、初めて行ったジャニーズのコンサートが関ジャニ∞だった私はこの時「ジャニーズのコンサートは誰かしらのカラーを服に取り入れて行かなければいけない…!」という思い込みと義務感(基本的に何事も形から入りたい奴なので…)がありました。でもV6はメンバーカラーというものがあまりはっきりしていないのと、そもそもこの時点でジャニーズ超絶初心者の私はメンバーの苗字と名前が一致していないという大失態を犯していることもあり、チケットをくれた友人にメンバーカラーを教えてもらった上で着ていった服が、途中で衣装の靴の色を見て「あれ!?もしかして私の着ているユニって私が推そうと思ってた人と違う色なのかな!?」と動揺し始め、しかも会場全体を見渡してみると普通の服で来ている方が多くて、前半戦の途中で何故か我に返ってしまったライブ慣れしてなさすぎる私は(めっちゃこの羽織目立つやん……)と途中で心が折れて色主張の激しすぎる上着をそっと脱いでしまったのでした。最終的に坂本さんに惚れこんで帰路につきました。

 

*7月27日 NEWS MAKES YOU HAPPY!(NEWS)

V6のライブとは客層含め雰囲気が全然違う…!会場が野外という特殊な環境というのもありましたが、全体的にきゃぴきゃぴしていた。NEWSはファン層が若くてセットも女の子向けな感じ。同じジャニーズでもこんなに違うのか!これだから事務所担というのが誕生してしまうんだな恐ろしい世界だ!オペラグラス購入して活用するようになったのもこの頃です。そして、ジャニヲタではなかった中学生当時からお顔がドストライクだった加藤シゲアキさんをついに生で見られるという感動…!多分私がジャニーズということを認識した上で初めて好意を抱いた方で、今でも好きです。これからも丸山さんのことをどうぞよろしくお願いします、と思いながら未来シアター見てます。

しっかしここにきて初めて増田さんの魅力にやられました超かわいい…!今の今まで(なんでこの人ってジャニーズなんだろう…)って思ってたことを全力で悔いた。むしろこの日に気づけて良かった。ダンスと歌声超かっこいいのにキャラが超キュートでこれがほんまもんのアイドル…!?あと真後ろのスタンド中段くらいで手越さんがソロ曲歌って、今までで一番アイドルが近かった100回死んだ…こんなキラキラ系がグループに2人もいるのおかしくない???もしかしてテゴマスって私が思っていた以上に恐ろしいユニット…!!だがしかしそんな私はコヤシゲ推しである(聞いてない)

この日はゲリラ豪雨で翌日延期になってシゲアキさんのうちわがボロッボロになってしまい、次の日隣の見知らぬお姉さんに「それも思い出ですよね、大事にしてあげてくださいね」って励ましてもらったのも良い思い出です。現場楽しい。

 

*11月8日 JUKEBOX(関ジャニ∞)

東京初日。ツアー初日って客席側もあんなに緊張感漂うんですね!? 初参戦から1年経って経験値も積んでeighterと名乗っても恥ずかしくないレベル(だと思ってる)に達して参戦した今回はもう1曲目から泣いてました。勿論アイドルとしてキラッキラしているんだけど、バンド曲をしている時の彼らのアーティストの顔になってて最高にかっこいいです。気がついたら丸山さんのうちわとフォトセットをそれぞれ複数買いしてました。こんだけ色んなグループのライブに参戦させてもらってそれぞれ全力で楽しんで喉枯らせたり腕筋肉痛になってりしてるけど、やっぱり私はeighterです。24時間テレビも本当にお疲れさまでした(今更) 

 

現場がない時はテレビ追わなきゃいけないし(使命感)、まだハマって日が浅すぎるからインターネットフル活用して知識集めなきゃいけないし(使命感)、CDとかDVD買わなきゃいけないし(使命感)、色んな担当の色んな友人と鑑賞会するの楽しすぎるし!ジャニヲタって本当に忙しいしすっごい楽しい!というわけで私はまだまだ生きます!次の現場はA.B.C-Zの代々木公演!ついに念願の塚田くんに会いにいってくる!